トップページ > グラボ選びの基礎知識 >  グラボ交換前の注意点

グラボ交換前の注意点

3Dオンラインゲームをプレイすることが出来ない最も多い原因が、「使用しているPCがゲーム用PCではなく、家電量販店で買ってき一般のPCである」という事があげられます。

ビッグカメラやヤマダ電機等の家電量販店で売っているような市販のPCは、そもそもグラフィックカードが3Dゲーム用に作られていないのです。

3Dゲーム用PCとしては、最低でもゲームが最低限起動するレベルのグラフィックカードを搭載している事が必要です。

16XのPCI-Expressタイプのスロットがあるものを選ぼう!

PCを開けて中を覗いてみると、差込口がきれいに並んでいる部分が見つかると思います。(色はPCによって白だったり黒だったりと製品によって様々です)

この差込口は「PCI-Expressスロット」「PCIスロット」「AGPスロット」と色々な種類がありますが、その中で一番長いのが「16XのPCI-Expressスロット」です。

グラフィックカードの交換は、この「16XのPCI-Expressスロット」のついているPC以外ではオススメ出来ません。

なぜなら、「16XのPCI-Expressスロット」を使用出来るか否かで、データ転送速度が他のスロットよりも段違いに変わってくるからです。

他のスロット(差込口)でグラフィックカードを載せ換えるくらいならば、潔く新しい3Dゲーム用PCに買い換えた方が無難です。

最近はゲーム専用PCもどんどん値下がりしてきているので、10万円前後でもフルハイスペックゲーム用PCが買えてしまいます。

「16XのPCI-Expressスロット」がついていなかったら、思い切って新しい3Dゲーム用PCを買ってしまう方が合理的であると言えます。

このページのトップへ↑

自分のPCに16XのPCI-Expressスロットがあるか調べるには?

PCI-Expressタイプの3Dグラフィックカードは、2005年以降のゲーム用グラフィックカードの主流になっているので、2005年以降のゲーム用PCにはほぼ間違いなくついているといえます。

そして、「16XのPCI-Expressスロット」が自分のPCについているかどうか調べるには、PCの型番をメモしておき、購入した店舗に聞くのが一番手っ取り早い方法です。

手馴れた人なら、PCを空けて中を見るだけでも長いスロットがついているかどうかで判別出来ますが、マザーボード(PCの中身)は種類が多くわかりづらく、自分で調べるよりはお店で調べてもらった方が確実です。

このページのトップへ↑

  • 管理人の愛用ゲームPC
  • マウスコンピューター/G-Tune